blog

前歯だけのマウスピース矯正(インビザライン・ゴー)

インビザライン・ゴー
インビザライン・ゴーとは、治療範囲を前歯のみに限定したマウスピース矯正です。治療範囲が一部分に限定されるため、低価格(目安35万円)で行うことができます。治療期間も、一般的なマウスピース矯正に比べて短期間で目安3~12か月)行うことができます。

 

インビザライン・ゴー

インビザライン・ゴー

マウスピース矯正(インビザライン)の種類について

マウスピース矯正(インビザライン)についての理解を深めるために全体像から確認します。インビザラインには、子ども用と大人用3種類の合計4種類の方法があります。

  1. インビザライン・ファースト(子ども用)
  2. インビザライン・フル(大人用、治療範囲は上下すべて)
  3. インビザライン・ライト(大人用、治療範囲は上下すべて、但し、軽度の不正咬合)
  4. インビザライン・ゴー(大人用、治療範囲は前歯のみ、且つ、軽度の不正咬合)

 

インビザライン・ゴーのメリット・デメリット

メリット

  • 安く治療ができる(目安は35万円。インビザライン・フルの費用が約85万円なので、2分の1位かの費用で矯正することができる。)
  • 治療期間が短い(通常2~2.5年が平均治療期間と言われる矯正治療ですが、インビザライン・ゴーの場合、3~12か月で治療が終わる。)
  • 装置が目立たない(金属ブラケット装置は装置が目立ちますが、インビザライン・ゴーは透明なマウスピースなので直視しなければ他人に気付かれることは稀。)

デメリット

  • 前歯しか治すことができない(すきっぱ等であればインビザライン・ゴーで治すことができるが、基本的にインビザライン・ゴーで治せる可能性は低い。)
  • 治療をやり直す可能性ある(インビザライン・ゴーで治療をしたけど、納得の歯並びではなかったという人が増えてきています。その場合、ブラケット装置などで治療をやり直す必要がでてきます。そして、ブラケット装置での矯正を取り扱っていない医院の場合、他の別の医院を再度探さないといけない。)

 

インビザライン・ゴーを検討中の方は、まずは矯正相談を受診を

インビザライン・ゴーで矯正治療が可能かどうかを知りたい方は、インビザライン・ゴーを取り扱っている医院にて直接見てもらうことです。(ただし、重度の出っ歯、受け口、デコボコの方は可能性は非常に低いです。)

 

 

 

MENU_ 診療案内
予約する 電話する