blog

成人矯正の種類「どんな選択肢があるの?」

成人矯正の種類
成人矯正の方法には大きく分けると以下の3種類があります。そこからオプションなどが加わり、細かく分けていくと20種類以上の選択肢を持ちます。その中から、どのように自分に合った方法を選んでいけばよいのかをお伝えします。

 

 

成人矯正方法の種類

  1. 表側矯正(ラビアル矯正)
  2. 裏側矯正(リンガル矯正)
  3. マウスピース矯正

 

基本的には、成人矯正は上記の3種類になります。それぞれを説明すると、

 

 

表側矯正(ラビアル矯正)

従来型の矯正方法です。ブラケット矯正装置を“歯の表側”に付けます。費用(目安70~80万円)が最も安いのが特徴です。

表側矯正

表側矯正

裏側矯正(リンガル矯正)

反対に“歯の裏側”に装置をつけるのが裏側矯正です。装置を付けていることは全く分かりません。芸能人などがこの方法を選ぶ傾向にあります。費用が高い(目安110~130万円)のがネックになります。

裏側矯正

裏側矯正

マウスピース矯正

透明な薄いマウスピースをつける矯正方法です。直視すれば何か歯についているかな?と気づく人もいますが、基本的には矯正治療をしていることは気付かれにくいです。費用は、表側矯正と裏側矯正の間の価格帯です。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)

 

 

 

付随するオプション

クリアブラケット

金属のブラケットを通称「メタルブラケット」と呼びます。一方で、透明なブラケットを「クリアブラケット」と呼びます。メタルブラケットだと目立ち過ぎて恥ずかしいという方は、追加料金を少し支払うことでクリアブラケットを使用した矯正治療に変更することができます。

 

セルフライゲーションブラケット

矯正治療は、ブラケットにワイヤーを通して歯を動かします。ブラケットとワイヤーを繋げる方法として「結紮(けっさつ」という手法が主な方法ですが。しかし、セルフライゲーションブラケットは、結紮が必要ありません。ブラケット装置自体に“繋ぐ”機能が付いています。セルフライゲーションブラケットを使うことで、診察時間が短くなる、治療期間が短くなる、痛みが弱くなるなどの効果が見込めます。セルフライゲーションブラケットは原価が高いので、必然的に治療費も高くなります。

 

ホワイトワイヤー

ワイヤーは基本的に銀色をしています。ワイヤーを白色にすることで目立たなくなります。追加で3~5万円ほど必要になることが多いです。

 

ハーフリンガル

見えない矯正を希望する方に人気の裏側矯正(リンガル矯正)ですが、ネックになるのが高額な治療費です。裏側矯正は、上下の歯列の裏側に装置を付けますが、ハーフリンガル法では上の歯列にのみ裏側に装置を付けます。(下の歯列は表側)このような方法に変更することで費用を下げることができます。

 

コルチコトミー

歯茎を切開して、骨に外科的な処置を加えることで、細胞を活性化させる方法です。活性化させることで、歯が動きやすくなる効用が見込めて、結果として治療期間の短縮につながります。

 

オルソパルス

主にマウスピース矯正に用いる方法で、赤外線の一種である光を細胞に照射します。照射することで細胞が活性化し、歯がより動きやすくなります。

 

 

 

 

 

 

MENU_ 診療案内
予約する 電話する